ヨーグルトで腸内環境を整える【ちょーいい腸】

適度に使用する

出来やすく消えにくいしみそばかす

しみとそばかすは似ているようで違います。色素沈着という意味では同類のようですが、しみは後天的なものでありそばかすは先天的なものであるということです。従って、しみはお肌のお手入れによって直すことが可能ですが、そばかすは幼少の頃からできて年齢が上がるに従って薄くなって行くことが見られます。それに対してしみは加齢と共に濃くなります。 いずれにせよ、しみとそばかすの共通点は紫外線を避けるということが一番の予防策となります。出来やすく消えにくいしみもそばかすも、薬で治療することもできます。しかし、根気良く治療することが必要とされているため、完全に取れるまで時間を要することが難点となっています。今後は美白の治療薬についても速乾性のあるものが出てくることが予測されます。

早く消したいから多くの薬を使いすぎると

しみの種類には、紫外線によるもの、ホルモンバランスの乱れによるもの、老人性のものとあります。それらの要因からメラニン色素が肌を守ろうとしてできるのがしみですが、一旦出来てしまうと消すのが困難なものです。飲み薬や塗り薬と体の内外の両方から治療ができるものが市販されています。 飲んで治療するものにはビタミンC配合の薬が良いと言われていますが、摂取し過ぎにも注意が必要です。また、塗り薬においてもしみを消す、そばかすを薄くするといったものがありますが、早く治したいために定量以上の量を使ってしまったために皮膚が瘢痕化してしまうといったこともあります。身体の内側からも外側からも決まった分量を守って使用することが大切です。